9. LTSports 接続ソフトウェア LTSports RR Connector の使い方

※画像を押すと拡大できます
LTSports RR Connector は、race|result社のハードウェアで計測したデータをクラウドサービス LTSportsにアップロードするソフトウェアです。使用方法を下記に示します。
(A) 準備編

(1) JAVA のインストール

LTSports RR Connector は、JAVA を使ったソフトウェアです。まず、下記から Open JDK をダウンロードし、インストールしてください。(無料)
https://adoptopenjdk.net/
クリックで画像を拡大表示します
 
(2) LAN の設定を行います

PCに、LTSports RR Connector で必要なLANの設定を行います。
下に示すのは、race|result System 5000s 受信機のIPアドレスが、192.168.2.* のときの設定例です。

クリックで画像を拡大表示します
 
(B) 接続・計測編

次に、LTSports RR Connector アプリケーション (拡張子 jar)を適当なフォルダーを作成し、配置し、ダブルクリックします。

※ ダブルクリックしてアプリケーションが立ち上がらない場合は、JAVAの設定等を見直してください。

クリックで画像を拡大表示します
 
(2) LTSports の認証情報を入れてください

LTSports RR Connector が起動しますので、イベントごとに生成される LTSports の認証情報を入れてください。
クリックで画像を拡大表示します
 
認証が完了します。
クリックで画像を拡大表示します
 
(3) 受信機と接続を行います

接続ボタンを押すと、接続先入力画面になるので受信機のIPアドレスを入力します。その後、接続ボタンを押すことで、接続が完了します。

クリックで画像を拡大表示します
 
(4) オペレーションを行います。

✔ ナンバーカードが読み込まれると、ナンバーとタイムのデータが自動的に LTSports にアップロードされます。
クリックで画像を拡大表示します
 
✔ 種目を選んで、「よーい」を押して「どん」ボタンを押すと、号砲時刻が入力されます。
クリックで画像を拡大表示します